ページトップへ

ブログ|ブログ 徳島 注文住宅 工務店

スタッフBLOG

こんにちは、亀井組のハウスコンシェルジュ岡田です。

今回は家づくりの資金計画について考えます。

住宅ローンの金額を考える際、「自分の年齢と年収からだと、いくらぐらい借りられるかな?」とつい考えてしまいます。

でも亀井組がご提案したいのは、月々の返済額から考えていきませんか? ということ。
総額を先に決めてしまうと、そこから月々の返済を割り出し、それに合わせて生活設計をすることになります。

資金計画に無理があると、生活を変える必要もあります。
でも、急にライフスタイルを変えるのはけっこう難しいもの。

また、お子様の教育費などを考えると、できるだけ余裕をもっておきたいですよね。
それならば、「借りられる額」より「返せる額」で資金計画を立ててみませんか?

現在賃貸住宅にお住まいの場合、月々の家賃から考えていきましょう。

7万円の家賃なら、それにプラス1.5万円で8.5万円を毎月の返済にする。これなら、今の生活とそう変わりません。

金利を1.0%として10年固定の35年ローンで計算すると、総額は3,011万円ということになります。
3,011万円のうち200万円を諸費用とすると、残り2,811万円を土地と建物に充てることになります。仮に50坪の土地が750万円で手に入ったとすると、残り2,061万円が建物にかけられる費用ということになります。


【お支払いシミュレーション】


建物価格           2,061万円(税込)
土地価格           750万円
参考価格(土地+建物)  合計2,811万円(税込)
月々のご返済         79,350円
※試算条件

・頭金0円・ボーナス支払い0円。10年固定金利1.0%、35年で試算。
・外構工事費用、諸費用は敷地面積によって変わるため含みません。

このように、イメージではなく、月々の返済額からシミュレーションをしてみるとよくわかると思います。

マイホームは欲しいけれど、資金計画に不安があるという方にぜひおすすめしたい方法です。
亀井組のハウスコンシェルジュと一緒に考えてみませんか?

お問合せ、お待ちしております!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全110ページ中)

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー