ページトップへ

ブログ|ブログ 徳島 注文住宅 工務店

スタッフBLOG

こんにちは、亀井組のハウスコンシェルジュ森本です。

亀井組の注文住宅は、テクノストラクチャーで四国No.1の着工件数。
「テクノストラクチャーってなに?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

テクノストラクチャーとはパナソニックが開発した、耐震住宅の新工法なんです。
「木の家に、ずっと安心して暮らしたい」というお客様の夢を叶えるために生み出されたもの。
今回は、この「テクノストラクチャーの家」の特徴について紹介します。

●テクノビーム工法を採用
木の梁に鉄を組み合わせて、強度を高めた耐震工法「テクノビーム」を採用。梁と柱との接合部に金具を用いて、家の骨格を強化しています。

●構造計算で、安全性を見える化
2階建て以下の木造建築では義務化されていない構造計算を、一棟ごとにすべて実施。最高等級の耐震性能を数字で示して、確かな安全性を実現しています。

●設計やリフォームの自由度が高い
テクノビームの採用によって、強度を保ちながら柱を減らすことができ、広々としたリビングや空間を実現できます。また、梁に沿って自在に位置が変えられる間仕切り壁で自由設計。お子様の成長に合わせて、子供部屋を将来簡単に間仕切れるように下地を入れておいたり、間取り変更やリフォームのことも考えられているのもうれしいですね♪

●3世代に渡って住み続けられる耐久性
壁の内側や屋根裏に空気が流れる「通気工法」で湿気を排出し、結露を防止。また、テクノビーム
の芯材には防錆作用にすぐれた溶融亜鉛めっき処理を施すことで、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアしています。

日本人がこよなく愛する木の温もりに、災害などに対する大きな安心をプラスした住まい。
それがテクノストラクチャーの家です。
興味のある方は、ぜひ亀井組のモデルハウスを見に来てください!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全110ページ中)

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー