ページトップへ

ブログ|ブログ 徳島 注文住宅 工務店

スタッフBLOG

こんにちは、亀井組のハウスコンシェルジュ石川です。

今回は、消費税増税後の住宅購入についてのお話です。

 

10月1日より、消費税が8%から10%に。普段のお買い物も、ちょっとビクビクしてしまいますね。

日用品の購入も慎重になるのに、ましてや新築一戸建てなんて…とあきらめようとしている方、いませんか?

あきらめるのはまだ早い。実は朗報があるんです!

消費税増税以降に住宅を購入する人のために、過去最大規模の住宅取得支援制度があります。

主な3つの支援制度についてご紹介しましょう。

 

●その1 住宅ローン減税

住宅取得者に対して、年末ローン残高の1%相当額(最大40万円)が、所得税・住民税から控除される制度です。

旧)購入後10年間控除。

      ↓                       

現)購入後13年間に延長。11~13年目は、建物購入価格(税抜)の2%の1/3、または借入金年末残高の1%の、いずれか小さい額が控除されます。

つまり、建物にかかる増税分2%が、ほぼ全額還付される仕組みになっています。

 

●その2 すまい給付金

一定の年収要件を満たす住宅取得者に対し、現金が給付される制度です。

旧)最大給付額30万円

      ↓

現)最大給付額が50万円に増額。また、収入制限が510万円以下から775万円以下に変更。対象者も広がりました。

 

●その3 次世代住宅ポイント制度

消費税引き上げ後の住宅購入やリフォームを支援するための制度。

住宅を新築すると、一戸あたり最大35万ポイントが国から発行されます。

取得したポイントは「省エネ・環境配慮」「防災」「健康」「家事ラク」「子育て」「地域振興」などに関連した商品に交換できます。

 

3つの制度を適用すると、増税後の新築購入のほうがむしろお得になる!? というケースも。

「うちの場合はどうなるの?」と思われた方、これらの制度の詳細を知りたい方は、ぜひ亀井組にご連絡ください!

ハウスコンシェルジュが丁寧にご説明させていただきます。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全107ページ中)

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー