ページトップへ

ブログ|ブログ 徳島 注文住宅 工務店

スタッフBLOG

こんにちは、亀井組のハウスコンシェルジュ森本です。

今回は、お客様からよく寄せられるご質問「間取りの考え方」についてお答えいたします。

「どうやって間取りを考えたらいいのか分からない」というお客様のお声をよく聞きます。

はじめてのマイホームづくり、スラスラと間取りがイメージできるわけがありません。
そんなときは、二つのアプローチからイメージを描いてみてはいかがでしょうか。

一つはお困りごとからの発想。
現在の住居に対する悩み、不満などをあげていきましょう。
ご家族が集まったときに、それぞれの意見をヒアリングすることをおすすめします。

「日当たりが悪い」「家事がやりづらい」「朝、身支度で家族がもめる」
これらのお悩みは、間取りを工夫することで解決できます。

・「日当たりが悪い」→部屋の用途と日当たりを合わせる。
・「家事がやりづらい」→より効率的な家事動線から間取りを決める。
・「朝、身支度で家族がもめる」→トイレや洗面所の動線をすっきりと。

もう一つは、理想やあこがれからの発想。

お客様がどんな暮らしをしたいのかというイメージを明確にし、そこから間取りを考えていきます。

・「家族みんなで過ごす時間を大切にしたい」→リビングは広めにとる。
・「効率的に家事をしたい」→家事動線を重視。
・「見えない収納で、すっきりとした空間で暮らしたい」→収納スペースの充実。

このように、理想とする生活イメージを、実際の間取りに落とし込んでいくのです。

これらは私たち住宅のプロの仕事。

お客様との打ち合わせ、会話の中から、ご意見ご要望を聞き取り、すべてを叶えるのが難しい場合は優先順位をつけていただきます。

それらをまとめて、具体的な間取りのご提案をいたします。
日頃からご家族で「どんな暮らしがしたいのか」を話し合っておくと、意見がまとまりやすいかもしれませんね。

ゼロから間取りを考えるのはとても難しいこと。
むしろ、現状の不満(ネガティブ)や理想とする暮らし(ポジティブ)といった、両面からマイホームを考えていくことをおすすめします。

私たち亀井組のハウスコンシェルジュに、お気軽にご相談ください!

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全110ページ中)

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー